読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんたんブログ

腐女子と夢女子を兼ね備え、二次元も三次元も大好きな管理人のブログ。ゲーム作品の聖地巡りやコラボカフェの記事を中心に、最近は黒ウィズとジャニーズが大好きです。

金色のコルダ3仙台聖地巡礼<定禅寺通り~青葉城址>

【金色のコルダ3】仙台聖地巡礼

みなさんこんにちは、仁です。

 

このブログ、開設したのがもう6年前になるんですが(こわ

ふとタイトルの下の方見ると、

遙かなる時空の中で3、金色のコルダの舞台である鎌倉と横浜を巡る聖地巡礼ブログ(を目指しているブログ)」

 

金色のコルダの舞台である横浜を

 

1回も記事書いてねえええええええええ!!!!!!!!

 

うっかりしてたよ!!!!!!聖地巡り行って書いたつもりになってたよ!!!!

6年前からずっと遡っても1回も記事書いてないよ!!!!

よくこんなブログ説明書けたね私!?詐欺だね!?!?!?

 

横浜と鎌倉は、ほんとに数えきれないほど行って

友達から「ツアーガイドさんなれば?^^」って言われたこともあるくらいなのに!(そこはかとない自慢)

 

てことでコルダ聖地巡りの記事、書きます!!

まずは直近の出来事なので仙台から書きます!!!!

(※横浜じゃないのかよってツッコミお待ちしてます)

 

 

仙台と言えば、金色のコルダ3  Another skyの至誠館ですね。

至誠館といえばブラジルかぶれの新くんですよね!ビバビバー!

実は彼の逆注目ルートに何度やってもどうしても入ることができなかったので諦めて積んでます^^

なので仙台にはそこまで思い入れがないことと、1日という限られた時間でしたので、主要な場所だけ回ってます。

時間のない方はご参考にどうぞ(^^)/

 

定禅寺通り

ここ、ほんとにただの通りなので

インターネットや観光MAP(無料配布)見ても詳細な場所が載ってませんでした。

「とりあえず駅から歩けば辿りつくだろ^^」

といつもの調子で甘く見てたのですが

駅から出てみたら、右と左どっちに行けばいいか全くわからない・・・。(方向音痴スキル発動)

そして今回はできるだけ時間を無駄にしたくないから困った。

 

そんなとき、天は私に味方した。

駅近くのバス停に優しそうなマダム発見・・・・!!!!

観光MAPの写真を見せながらおそるおそる声をかけてみました。

「すみません、この像の場所はどこでしょうか・・・(←コミュ障)」

するとマダム、最初は驚いていましたが(観光地でもなんでもないですからね)

懇切丁寧に場所を教えてくださいました。

お礼を言ったら、別れ際に

「お気をつけて、良い旅を^^」

と言ってくださいました・・・!!!

像を探しに来た珍妙な女に対してなんと優しい言葉を・・・!!!!!

将来はこんなマダムになりたい。

 

素敵マダムのおかげで辿りつきました。

そのまんまだー!!!!!(感激)

何度この背景をゲームで見たことか・・・!

 

しかし何度も言いますがここは観光地ではないので

写真撮るのがめちゃくちゃ恥ずかしいですwww歩行中のみなさんごめんなさい。

ゲームで見る限り広い広場かなあと思ってたのですが、実際はほんとに普通の通りでした。

やっぱり百聞は一見にしかず(?)ですねー!

 

 

瑞鳳殿

はい、お次はドルチェデート定番の瑞鳳殿です。

観光地なので人が多いです。

デートきたなあって、、、、、

感想終わりw

 

伊達政宗好きにはきっとたまらないでしょう。ですが私にとってはデートスポットにすぎないため・・・。

やっぱりここが遙か聖地巡りとはまた違うところでしょうね。

 

 

青葉城

今回、一番行きたかったところです。

この広場で何度も練習したし、ビバ新くんとの運命の出会いを果たした場所でもあります。

 

ここで私痛恨のミス。

写真が逆でした・・・・・・・・・・・orz

逆側から像を撮らなきゃスチル背景にはなりません。

これほんとにショックでした。なぜ気づかなかったのか・・・。

この反省は次に生かします!!!!!

 

ちなみに、ここに神社が併設されてるので

ご朱印もらいにいくかー・・・といつものようにふらーっと社務所に向かって300円を用意したら

「500円になります」と言われ

「えっ!?」

って思わず言ってしまいました。

ご朱印が500円の場所、初めてでした・・・。

縁起ものだから値段にとやかく言うなってお声もあるでしょうけど

思い入れのある社寺ではないので断っとけばよかったかなと少し後悔・・・。

(社務所の方の対応も微妙だったのでね・・・。)

 

というわけで一番行きたかった青葉城址はあんまりいい思い出ないですw

 

続く